シンプル堂は、「真実に目覚める、シンプル、平和、快適、楽しい」をコンセプトに、活動しています。

                                                                         シンプル堂代表 木悠鼓

イベント(東京)

下記のイベントは予約受付終了しました。

★★「非二元の教えを生きる会」2018年11月11日(日曜日午後)(東京)

日時:2018年11月11日(日曜日)午後1時30分から午後4時30分頃


ここ15年ほど、非二元系の教えに関する本が非常にたくさん出版されるようになりました。

多くの人たちがそういった教えに心惹かれる一方、「何もする必要はない」、「理解がすべて」という言葉に

戸惑っている人たちも多くいます。あるいは、どれほど本を読んでも、一瞬の目覚めの体験があっても、

実生活と知識や目覚めが結びつかないと感じている人たちも多くいます。

アメリカの賢者、アジャシャンティは「あなたの世界の終わり」(ナチュラルスピリット発行)の本の中で、

私とは何かの目覚めの経験は、それが生きられないかぎり、役立たない」と強調しています。

では、理解や目覚めを生きるには、どうしたらいいのでしょうか? 

あるいは、それを生きるために、何が障害となりうるのでしょうか?

今回の会では、特にアジャシャンティ、ラメッシ・バルセカール、そして感情解放のセドナ・メソッドを

開発したレスター・レヴェンソンの教えから、非二元の教えを生きるうえで役立つヒントとなることを

ご紹介したいと思います。

また、ダグラス・ハーディングの考案した実験と

3つの瞑想(IAm 瞑想、退却する瞑想、ただ在る瞑想)通じて、

「私は在る」とはどういう経験なのかを、探求します。

*2018年6月3日の会の内容と多くが重複します。


日時:2018年11月11日(日曜日)午後1時30分から、午後4時30分頃


会場:東京都新宿区:JR新宿駅より徒歩15分(予約された方に詳しい案内と行き方をメールでご案内します)

会費:2千円 学生・求職中の方は千円です。予約時にお知らせください。会費は後払い振込です)

持参するもの筆記用具とA4の紙を挟むクリップボードをご持参ください。(クリップボードは百円ショップに売っています)
          
          実験道具を持参する必要はありません。

主催:シンプル堂

予約:必要です。

申し込み先:木悠鼓(メール)




*今後のイベント予定


*2018年12月8日(土曜日)「私とは本当に何かを見る会」(東京)

*2018年12月15日(土曜日)「私とは本当に何かを見る会」(東京)